様々なお金に関する悩み~キャッシングの活用~

お金に関わる問題はカードの利用で解決する

相場を知ること

キャッシングの金利の相場

消費者金融やキャッシング会社からキャッシングを受ける際、元金の金額に応じて利息を支払うことになります。この利息の上限金利が、利息制限法という法律によって定められています。利息制限法で定められる上限金利は元金の金額によって変動し、元金が10万円未満なら年利20%以下、元金が10万円〜100万円未満なら年利18%以下、元金が100万円以上なら年利15%以下となっています。 消費者金融やキャッシング会社は、この上限金利付近で金利を設定しているケースが多いので、上限金利を平均的な金利の相場の目安とすると良いでしょう。もちろん、業者によっては低金利を謳っている所もあるため、よく比較して業者を選ぶことが大切です。

低金利で選ぶなら銀行系カードローン

消費者金融やキャッシング会社を選ぶ際に、金利を第一に優先して検討するのであれば、銀行子会社や銀行グループ会社が取り扱っているカードローンの金利が安い傾向があります。先ほど述べたように、一般的なカードローンは利息制限法の上限付近が多いため、約17%〜18%(100万円以下の場合)が相場なのに対して、銀行系カードローンでは約15%以下です。金利に3%の差がある場合、100万円を借入したとして、支払利息総額は1年間で3万円もの差が出ます。 また、1,2か月程度の短期間でのキャッシングしか利用しない予定であれば、「1か月間無利息キャンペーン」などを行っている業者を選択することで、利息の支払いを最小限に抑えることもできます。

Copyright© 2015 様々なお金に関する悩み~キャッシングの活用~All Rights Reserved.